ロゴ
HOME>人気記事>インプラント治療って何?歯を失ってしまった方にタメになるコト

インプラント治療って何?歯を失ってしまった方にタメになるコト

インプラント

歯科で受けられるインプラント治療とは

歯が失われた場合などに行われるのが、インプラント治療と呼ばれるものです。外科手術が必要となり費用も高くなりますが、様々なメリットがあることから、インプラントの歯科治療を受ける人は増えてきています。
治療の流れとしては、まず歯の根元に人工歯根を埋め込む手術を行います。その後、その上に人工歯を被せるという手術を行います。入れ歯や差し歯との違いは、歯根をしっかり固定してから被せるという点です。そうすることで、取れたりしみたりするトラブルを防ぐことにつながります。

インプラントをすると実感できる4つのメリット

診察室

見た目が美しい

インプラント治療の一番のメリットは、見た目の良さです。入れ歯や差し歯とは違い、歯の根元から埋め込んでいるため、不自然さがなく、見た目は普通の歯と見間違うほどです。女性や子供など、特に見た目が気になる人にとってはおすすめの治療です。

噛みごたえがある

構造的に天然の歯に近いため、入れ歯やブリッジ、義歯に比べて、噛みごたえがあります。そのため食事を摂るときも、固いものを避けたりする必要がなくなりますし、歯が取れるトラブルもなくなり、洗ったりする必要もなくなります。

寿命が長い

インプラントは、きちんと定期的なメンテナンスを受けていれば、長期間維持することが出来ます。入れ歯の寿命は5年程度なのに対し、インプラントは10年以上と言われています。このメリットを生かすためにも、歯医者でのメンテナンスを欠かさず行いましょう。

骨吸収が進みにくい

歯がなくなると、それまで歯を支えていた骨に力が入らなくなり、骨が痩せてしまうことがあります。しかしインプラント治療では、骨部分に根元を埋め込みますので、そのようなトラブルを防ぐことが出来るようになります。