ロゴ
HOME>コラム>虫歯治療だけじゃない!歯科でできる無呼吸症候群の治療

虫歯治療だけじゃない!歯科でできる無呼吸症候群の治療

歯科助手

歯医者で治療できる閉塞型睡眠時無呼吸症候群とは?

最近昼間でも眠気を感じる人もいるのではないでしょうか。そんな人は閉塞型睡眠時無呼吸症候群かもしれません。この症状はネットやテレビなどでも取り上げられていることから以前から気になっている人もいるでしょう。無呼吸症候群にはこの症状以外にも中枢性睡眠時無呼吸タイプがありますが、約9割が閉塞性睡眠時無呼吸症候群だと言われています。この症状は上気道が何らかの理由によって空気の通り道が狭くなることによって呼吸が止まってしまいます。 この症状の治療では生活習慣の改善、手術や薬剤での治療方法がありますが、池袋の歯科でも治療を行っているところがあります。症状が気になっている人は診療している歯医者で検査をしてもらうと良いでしょう。

歯科治療

閉塞型睡眠時無呼吸症候群が治療できる歯医者の選び方

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の症状が気になる人は、すぐにでも治療を受けたいと考えていることでしょう。歯医者でも治療しているのなら近くの池袋の歯医者に行けばいいのかと考える人もいるでしょうが、治療を行うためにはしっかりと歯医者選びをする必要があります。この症状の治療を行うためには、しっかりと検査を受けて閉塞性睡眠時無呼吸症候群であると診断される必要があります。歯医者での治療では自分専用のマウスピースを作成して治療を行います。睡眠検査をしてこの症状だと診断されれば保険も適用されるので治療の費用はそれほど気にならないでしょう。ただ検査を行うためには専用の機械が必要になり、一般的な歯医者ではしっかりと検査ができないケースがあります。最近では多くの歯科医院がネットで公式サイトを公開していることからも、まずはサイトでこの症状の治療を行っているかをよく確認してみましょう。